AppleCare+の加入必須!iPhone8はガラス割れの修理費が約4万になる

AppleCare+の加入必須!iPhone8はガラス割れの修理費が約4万になる

iPhone8からはワイヤレス充電に対応したことにより、背面に使っている素材が従来のアルミからガラスになりました。

ガラスなので落とすと衝撃によってガラスが割れやすくなっているのは検証動画でもご紹介した通りです。

iPhone8と7の割れやすさ比較

やはりガラスは強化されているとはいっても、アルミに比べれば割れやすいようですね。しかも背面ガラスの修理代は、画面が割れたときに比べて数万円は高くになってしまいます。なので、iPhoneを買うときは保証サービスにも加入しておくほうが安心です。

AppleCareに加入しておこう

iPhone8や8Plus、iPhoneXを購入するときは『AppleCare+』に加入しておきましょう。

AppleCare+とは、2年間で最大2回まで修理や本体交換が必要になったとき修理費用を通常より大幅に値引きしてもらえるApple独自のサポートサービスのことです。家電量販店などでもよく「購入時に加入すると5年保証」というのがありますよね。

スマホは毎日頻繁に使うものなので、保証はつけておくほうが安心です。

iPhoneをAppleStore直営店で買わない方でも、docomoとauなら『AppleCare+ & au端末サポート』のようなサービスを提供しています。ただし直営店でAppleCare+に単体で加入するのとは違ってキャリアの場合は月額費用がかかりますし、サービスを解約すると保証されなくなってしまうので少し不便かもしれません。ちなみにソフトバンクは 2017年9月13日(水)よりサービス提供を中止しています。

また、今使っているApple製品がAppleCare+に加入しているかどうかを調べるには「保証状況の確認ページ」でシリアル番号を入力すると確認できるようになっています。

後から「加入しておけばよかったかな?」と思うこともあるかもしれません。

基本的にはiPhone購入時に同時申込みとなりますが、iPhone購入から30日以内なら下記の方法で加入できるので安心してください。

  • オンラインで購入する(保証状況の確認ページから可能)
  • 直営店のApple Storeで購入する
  • 0120-27753-5に電話して購入する

(※お使いのデバイスのAppleCareプランを購入する方法はコチラ)

AppleCareでどれほど安くなるのか?

修理内容によっても違いますが、まずは「iPhone8の背面ガラスが割れた場合」でみると、修理項目は「その他の修理」となるので下記価格になります。

背面ガラスが割れた場合の修理代

  • 【iPhone8Plus】加入なら11,800円、それ以外は43,800円
  • 【iPhone8】加入なら11,800円、それ以外は38,800円

もしiPhone8を落として背面ガラスが割れてしまったら、AppleCare+非加入の場合は4万円ほど修理費用がかかります。加入者は約1万円というのを考えるとその差は歴然でしょう。

4万はなかなか躊躇う金額ですが、ガラスが割れたまま使うのは危ないだけでなくダサイので修理しないわけにはいきません。

ちなみに下記は「画面が割れたとき」の修理費用です。

画面が割れた場合の修理代

  • 【iPhone8Plus】加入なら3,400円、それ以外は19,800円
  • 【iPhone8】加入なら3,400円、それ以外は17,800円

背面ガラスが割れたときよりも安く修理をしてくれるようですね。とはいってもAppleCare+に加入しているほうが何倍も安くなるのは確かです。

入っていて良かった!SNSに寄せられるAppleCare+加入者の声

TwitterにはAppleCare+に入っている方の評価も多く挙がっています。

もし画面割れなどが起きなかったとしても、バッテリー交換などでお得になることもあります。個人的には入って置くほうが安心できるので加入しない手はないと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう