【動画あり】着るだけトレーニングの加圧シャツ、マッスルプレスが凄すぎた

MONOVOマッスルプレスの画像1

(※画像:ぷろたん日記より)

加圧シャツは普通のインナーとしても使えます。普通に生活しているだけで、誰にもバレずにトレーニングができると大人気。なかでも男性にオススメなのが『マッスルプレス』です。

加圧シャツ『マッスルプレス』の価格表

MONOVOマッスルプレス商品画像

マッスルプレスは白と黒があり、1枚2,000円台(定価3,980円)

本音をいえばもう少し安いほうが嬉しいですが、「トレーニングウェアがシャツ型になった」と考えると、このくらいは仕方ないでしょう。

マッスルプレス価格表

  • 1枚:3,980円
  • 3枚セット:9,950円(1枚3,316円)
  • 5枚+1枚セット:15,500円(1枚2,583円)
  • 10枚セット:28,500円(1枚2,850円)

単品で買うより“まとめ買い”が安いので、着替え用などあわせて数枚買ったほうが1枚分が安くなるので良いかもしれません。

「6枚セットより10枚セットのほうが高いじゃねーか!」

と思いましたが、どうやら“お客様感謝キャンペーン”らしく、今だけ6枚(5+1)セットだと1枚2,583円になるようです。

筋肉系YouTuber『プロたん』も着用している

チャンネル登録者数37万人超え(2017年6月現在)の人気YouTuber『プロたん』氏も着用しています。

MONOVOマッスルプレスのGIF2

プロたん氏は小さめのサイズを購入し、着用したままトレーニングしています。

ほかの加圧シャツのなかには、締め付けが強すぎて着るのが嫌になるものもありますが、マッスルプレスには伸縮性があるので動きを邪魔しすぎないのがいいですね。

加圧シャツは人気アイテム!利用者の口コミをまとめ読み

加圧シャツの効果が気になる人もいると思うので、利用者の口コミを見てみましょう。

(※口コミは「加圧シャツ」に関するもので、マッスルプレス以外のものも含みます。)

一見すると普通のインナーにも見えるのに、引き締め効果を感じている人が多いですね。慣れないうちはキツく感じることもあるので、まずは短時間から始めるとよいでしょう。

気をつけたいのは“伸縮性”です。あまりにもサイズが合っていなかったり、伸縮性の悪いシャツを使って体に無理な負荷を加えることは避けてください。

MONOVOマッスルプレスの画像3

無理に締め付けすぎると体に悪いばかりか、着けているのがストレスになり続きません。

安いものよりマッスルプレスを買ったほうがいいと思う

加圧シャツは1枚1,000円以下~5,000円以上のものまで、色々なものが販売されています。

安いから悪いというわけではないですが、自然に考えれば着心地や伸縮性などは高くなるにつれて良くなるはずです。

たしかに消耗品なので安いほうが嬉しいものの、安すぎるものを買って失敗するより、少し高くても良い物を買ったほうが良いでしょう。その点『マッスルプレス』は評判もよく、キャンペーンやまとめ買い制度をつかえば1枚2,000円台で手に入るので狙い目です。

>>マッスルプレスの商品ページをみる

HMBサプリとセットになったコースもある

HMBマッスルプレス商品画像

ちなみに『マッスルプレス』と、いま話題の『HMBサプリ』がセットになったコースもあるので、気になる人はチェックしてみてください。

HMBは“筋肉の分解を抑える”ことで知られる栄養素です。実は、体を動かすためにはエネルギーが必要なのですが、エネルギーが足りなくなると筋肉が分解されてエネルギーに替わります

「筋肉をつけるつもりが筋肉を分解していた」という嘘のような本当の話も。本気で鍛えたい人は尚更、プロテインやHMBを併用したほうがいいでしょう。

※参考:HMBマッスルプレスの価格や口コミをみる

HMBサプリについては上で詳しく解説しています。記事内で製品を比較しているので参考にしてください。

加圧シャツ『マッスルプレス』を出している企業のHMBサプリは、他とくらべて配合量や価格などが良心的でおすすめです。

>>HMBマッスルプレスの商品ページをみる

▼プロたん氏の動画はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

MEN'S BEAUTY TALK-オトコの美容医療口コミサイト-