男でも女性の様な胸になる女性化乳房の原因と治し方

貧乳に悩まされ豊胸手術を受ける女性がいるのと同様に、男性で胸の大きさに悩まされる 場合があります。単純に筋肉である胸筋とは異なり、女性と同じ乳腺が発達する事により胸が成長する症状です。

女性化乳房の原因と知識

女性化乳房は徐々に乳腺が発達し胸が膨らんでくる事が多く、乳首が敏感になったり 胸に痛みを感じる事が多くなります。 思春期には男性でもよく見られる症状で主にホルモンバランスの乱れが原因となり引き起こされる事となりますが、 この場合は数ヶ月程度で腫れも引き、通常に戻る事が殆どです。 女性化乳房は更年期にも起こり得る事で、肝臓等の内臓疾患に以上が見られた場合にも発症する可能性があります。 以前には筋肉増強剤(ステロイド)の副作用として女性化乳房に成りうる可能性がありました。

女性化乳房は病気?

病気と断定にするには難しい事ですが、思春期の場合は生理現象の一種とされる事が多く、 青年期~更年期は内臓疾患による発症の可能性がありますので、病気とされる事があります。 基本的には自然発生した物かどうかで病気と認定されるかどうかが決まる事が多いようです。 程度が大きい場合やどうしても気になる方は手術により治療する事が可能です。

女性化乳房の程度による分類分け

女性化乳房には乳房の形によってある程度分類分けされ、手術の方法も異なります。

  • [Grade-I] 極軽症:乳輪部の拡大・肥大
  • [Grade-II] 軽症:乳房下部皺より乳頭・乳輪が上
  • [Grade-III] 中等症:乳房が下垂し、乳頭・乳輪部が乳房下部皺と同じか1cm以内
  • [Grade-IV] 重症:乳房が下垂し、乳頭・乳輪部が乳房下部皺より1cm以上下方

参照:女性化乳房について MEN’S BEAUTY TALK 田牧聡志先生コラム

いずれの場合も切開や吸引、切除など手法が異なり部分麻酔や全身麻酔など術後ケアも異なります。

女性化乳房の治し方

女性化乳房の治し方は現在の所、手術が濃厚となっております。 先述した思春期によるホルモンバランスの乱れの場合は自然治癒する事が殆どです。

手術で治すのが基本

勿論原因と医師の判断にはよりますが、殆どの場合は原則手術で治す事となり、分類により手術の工程が異なります。 単純に乳房が大きいほど切除の割合が大きくなり全身麻酔等の必要性が出てきます。軽度の場合は乳腺の切除だけで終わる事もあります。

保険は適用される?

保険の適用は程度と原因により大きく異なりますが、自らの行為により発生した場合(ステロイドの使用や肥満等)は自費治療となる事が多いようです。

保険治療は病気であるかどうかを対象とし、女性化乳房の原因が”自然に発生してしまった場合”に限ります。多くの場合、思春期の頃やホルモンバランスが安定してない頃に女性化乳房を発症し、そのまま症状が固定されている場合が考えられます。病気としての女性化乳房かどうかの判断方法は、乳腺が塊として蝕知(触ることで乳腺が塊として分かる状態)でき、掴むことが出来るのが目安です。

参照:女性化乳房の保険治療と自由診療について MEN’S BEAUTY TALK 田牧聡志先生コラム

いずれの場合も保険の適用については症状により異なりますので医師の診断にお任せしましょう。

手術の方法

手術には大きく分けて3パターン存在し、「乳腺の切除」「脂肪の吸引」「乳房の切除」となります。 左から軽度の物となり、重度の物となると全身麻酔を行い乳房を大幅に切除の必要性があります。 手術の方式は事前にMRIやCTにての診察、医師の判断に応じて決定されます。

手術のリスクを知ろう

人体にメスを入れる以上は当然リスクという物が存在します。乳腺の切除の場合は2cm~15cmの切開線が入り(縫合で目立たなくなります) 脂肪吸引の場合も左右に2箇所に数ミリの切開線が入ります。又、重度の手術の場合は全身麻酔を行いますので、麻酔自体に多少のリスクが存在しています。手術をする以上はリスクは当然の事ではありますが、傷が気になる方は事前に医師に相談をしましょう。可能であれば術後写真を見せてもらうと安心出来るかと思います。

抱え込まず医師に相談しよう

女性化乳房は一般的にあまり知られていない症状であり、かつ人の目に触れやすい症例でもあります。 その為、抱え込む方が非常に多く上半身の露出を避けたり厚着をしたりする方も存在します。 手術を前提とする前に一度ご自身の状況を医師に相談すると良いでしょう。

医師へ無料相談 MEN’S BEAUTY TALK 女性化乳房クリニック相談所

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

MEN'S BEAUTY TALK-オトコの美容医療口コミサイト-

あわせて読みたい

関連記事がありません

あわせて読みたい