【動画】GoogleHomeの評判は?声で操作できるスマートスピーカーの登場!

【動画】GoogleHomeの評判は?声で操作できるスマートスピーカーの登場!

Google Homeとは?

Google Homeとは

Googleが2017年10月6日に発売したスマートスピーカーが『Google Home』です。

「OK Google」に続けて「Netflixでフラーハウスを再生して」「iPhoneどこ?」などと話しかけるだけで操作できます。

活用法は色々。

たとえば介護が必要な方が、ベッドの上からでも声だけで電気を消したり、音楽やテレビを楽しめたりできます。子どもと一緒に絵本を読んでいるときに「OK Google、ライオンの鳴き声は?」と質問すればライオンの鳴き声が流れますし、分からない言葉の意味も答えてくれます。

日本で浸透するかどうかは分かりませんが、あれば便利なことに違いありません。

価格は?

GooglehomeとGooglehomeMiniの価格

『Google Home』は1万4000円(税抜)、『Google Home Mini』が6000円(税抜)です。

『Google Home』と『Google Home Mini』の違いは?

『Google Home』と『Google Home Mini』の違い

『Google Home』も『Google Home Mini』も、できることは同じです。違うのはサイズ、重さ、スピーカーの数、操作方法など。

スピーカーの数は『Google Home』は3つ『Mini』が1つと結構違います。なので、音楽やラジオを聞きたい場所に置くなら『Google Home』がオススメです。

また操作方法では、たとえば声を使わずボリュームを変えるためには、『Google Home』は本体上部をタップするのですが、『Mini』では本体の左右をタップするというように微妙な違いがあります。ただ、基本的には声で操作するのであまり気にしなくても大丈夫でしょう。

そもそもGoogleHomeシリーズは一家に複数台を想定しているため、リビングに『Google Home』、寝室や自室に『Mini』というのもありです。

Google Home単体でできること

『Google Home』でできることがコチラ。

  • 1.Googleでの調べ物
  • 2.タスク管理
  • 3.音楽再生
  • 4.家のなかのスマートデバイスを声で操作

その人のライフスタイルによって使い方も様々でしょう。動画でみると思わず欲しくなりますよ。

▼Googleでの調べ物

▼タスク管理

▼音楽再生

▼スマートデバイスを声で操作

テレビに別売りのChromecastを繋げると、Google Homeに話しかけるだけでYou TubeやNetflixなどを操作できるので便利です。

手が離せない時や病気で寝込んでいる時も、ただ話しかけるだけ。それだけで映画や音楽を聴けるのはいいですね。

SNSでの評判は様々

発売後間もないですが、すでにSNSには「買ったよ!」などの声が挙がっています。

「買ってよかった」「面白い」「出来ることが少ない」など反応は様々。

個人的にはChromecastと合わせて使えばかなり面白いと思います。デザインも可愛いですし、今後はどんどん出来ることも増えるでしょう。

ただ私は「Ok Google」と呼びかけるのが面倒くさいので一旦見送り。自分で呼ぶ名前を設定できれば良いですが…無理でしょうね。その点、Amazonのスマートスピーカー『Amazon Echo』は「Alexa(アレクサ)」と呼ぶだけなので楽です。これから何千回と呼びかけるのですから、やっぱり言いやすい方がいいでしょう。「オーケーグーグル」と「アレクサ」なら、個人的には「アレクサ」一択です。

ちなみに、Amazon Echoは3タイプあり、最も安いエントリーモデルは5980円です。スピーカーや音質が心配でも、手持ちの外部スピーカーやヘッドホンを繋げて拡張できます。

ちなみに、新型の「Fire TV」はアレクサでの音声操作ができるとのこと。「アレクサ、FireTVで○○を再生して」と一声かけるだけで映画が始まったり、「○○が出ている映画を探して」で気になる映画を探したり、色々と可能性が広がりそう。Googleの『Chromecast』を持っている人は『Google Home』を、新型の『FireTV』を持っている人は『Amazon Echo』を買うという選び方もできます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

MEN'S BEAUTY TALK-オトコの美容医療口コミサイト-